ライター 在宅ワーク

在宅ワークに興味のある人は必見! 未経験からライターになる方法

未経験の在宅ワークライター

「未経験から在宅ワークのライターとして稼ぎたいけど、どうしていいのかわからない…」

このような悩みを抱えたまま、なにもできないでいませんか?

 

じつは未経験であっても、ライターの仕事を得ることは可能です。

私自身も前職は、ライターとは関係ない仕事をしていました。しかし今では、専業ライターとして仕事を得ています。

 

この記事では、ライター未経験の人が収入を得るためのポイントについて紹介しています。

あなたも未経験から、ライターとしての一歩を歩みませんか?

未経験からライターの仕事を見つけるには

未経験の人が在宅ワークでライターの仕事を得るには、以下の方法があります。

  • クラウドソーシング
  • メディアのライター募集
  • 自分から直接営業をかける

 

それぞれの特徴を見ていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、ネットを通じて仕事の発注と受注ができるサービスです。不特定多数に向けて仕事を募集するため、能力に応じた仕事を見つけられます。

クラウドソーシングには在宅ワークでできるライターの仕事が多くあるので、まずは登録してみましょう!

 

たくさんのクラウドソーシング会社がありますが、とりあえずクラウドワークス
ランサーズ
の大手2つを登録しておけばOKです。

 

メディアのライター募集

GoogleやTwitterで「ライター募集」と検索してみると、メディアが直接ライター募集をしていることに気づくはずです。

クラウドソーシングよりも高単価な場合も多く、積極的に応募してみる価値はあるでしょう。

 

仕事を受けるときには、「そのメディアは信用できるのか?」を見極めることが重要です。

サイトの内容しっかりと読み、さらにやり取りの中で不審な点がないかなど考慮して、信頼ができる相手なのかを判断してください。

 

自分から直接営業をかける

ライター募集をしていないメディアでも、「書き手がほしい」と思っている場合もあります。そのようなニーズに答えるために、自ら営業するのです。

 

営業と聞くと不安になる人もいるかもしれませんが、メールで問い合わせるのであればそれほど緊張もしないはず。「返信がくればラッキー」くらいの気持ちで、連絡してみましょう。

 

メールでライター募集の営業をするときには、「採用するメリット」を伝えることが重要です。ただ「お仕事ありませんか?」と聞くよりも、反応される確率は一気に上がるでしょう!

 

在宅ワークでのライターの収入はどれくらい?

「ライターの仕事では、それほど稼げない」

この言葉をどこかで見て、在宅ワークのライターになるのを諦めようと思った未経験者も多いでしょう

 

たしかにクラウドソーシングには、1文字0.1円などありえないほど安い案件がたくさんあります。

収入を安定させるためにも文字単価1円以下のものは、最初の実績作り以外では受けないほうがいいでしょう。文字単価のいい仕事を受ける方法は、後で紹介します。

 

文字単価1円で、1記事1,000文字の仕事を受けたとしましょう。この仕事を1時間で仕上げれば、時給1,000円になります。

 

とはいえ最初は文章を書くこと情報を集めることに慣れていないために、仕事をこなすのに時間がかかってしまうもの。

そのため初期には、収入的に厳しい状況になる人も多いようです。

しかしその時期を超えれば執筆速度も早くなり、またライターとしてスキルアップして高単価の案件もこなせるようになっているでしょう。

 

コンスタントに仕事を取れるようになれば、専業ライターとして活動するだけの収入を得るのも無理な話ではありません。

 

下記の方法を実践して、収入アップを目指しましょう。

 

未経験ライターからの収入をアップさせる方法

安い単価で仕事を続けても、収入アップは望めません。ライターとしてステップアップして、効率的に稼ぎたいところです。

次の3ステップで、収入アップを狙いましょう!

  • 実績を作る
  • 得意分野を見つける
  • 文章を早くかけるようになる

 

実績を作る

ライターに仕事を発注する側が、これまでの実績を見るのは当然のことでしょう。なぜなら経験者に仕事を頼んだほうが、安定したクオリティを保証できるからです。

 

未経験の人は、まず単価の安いと思う案件でも手を出して実績を作りましょう。とくにクラウドソーシングでは、これまでした仕事の実績が評価として残ります。

クライアントはその実績を見て、仕事を発注する人を決めることが多いのです。

 

また、実績を残しやすい仕事を見つけることも重要です。どんなに多くのライターの仕事を受けていても、無記名の案件ばかりでは証明できません。

 

実績としてクライアントに見せるために、ライター名を記載してくれる案件を探してみてください。

 

得意分野を見つける

じつは文章を書くのが得意なだけでは、高収入のライターになれません。

大切なのは文章そのものでなく、伝えたい中身なのです。つまり自分の得意分野を見つけて、その知識を反映させましょう。

 

「得意分野なんてない」と思っているかもしれませんが、意外に趣味や経験から見つかるものです。

メイクやスキンケアに興味があるなら、美容の記事が得意分野になるでしょう。また銀行に努めていた人は、金融系の分野で活躍できます。

自分にまつわることを書き出して、どの分野のライターになれるのか考えてみましょう。

 

ちなみに専門性によって、単価はかなり変わります。不動産や投資など、大きなお金が動く分野は単価が高いのです。

そのジャンルに興味があるならば、勉強してみるのもいいでしょう。

 

文章を早くかけるようになる

スピードばかり重視しては、いい記事が書けません。しかし文字単価や記事単価で仕事をしているライターには、やはりスピードは必要なのです。

 

記事を早く書き上げるライターになるには、なによりも「慣れること」が大切です。

どんな仕事も最初は、時間がかかるもの。しかし何度も繰り返しているうちに、効率的な方法がわかってきます。

 

たくさんの記事を書いて、自分の中に文章を書くスキルを染み込ませましょう。

 

在宅の未経験ライターにはブログ運営がおすすめ

未経験からライターになりたいのであれば、ブログを書くことをおすすめします。なぜならブログから、ライターに必要な要素がたくさん学べるからです。

 

中でも、以下の3つはライターに取って大きな財産になります。

  • SEOに詳しくなる
  • WordPressに詳しくなる
  • ブログ記事が実績になる

 

SEOに詳しくなる

SEO(Search Engine Optimization)は、日本語で「検索エンジン最適化」と呼ばれています。
Googleで検索したときに表示される順番が高いと、クリックされる可能性が高くなるのです。

ネット上にある文章の多くは、このSEOを意識して書かれています。つまりウェブを主軸に活動するライターは、SEOの知識があれば断然に有利になるのです。

 

ブログのアクセス数を増やそうとSEOを活用しているうちに、だんだんとSEOライティングが身についてくるでしょう。

 

少し難しいと感じるかもしれませんが、Webライターとして活動するならばSEOの知識は身につけておいて損はありません。

 

WordPressに詳しくなる

アメブロやはてななど無料のブログサービスも便利ですが、せっかくならば自分でサーバを借りてブログを作るのがおすすめです。

 

WordPressは、ブログが簡単に作れるソフトのようなものだと思ってください。

「それなら、アメブロで十分!」

そう思う人も思うかもしれませんが、WordPressは世界で一番使われています。つまりクライアントも、WordPressを使っている可能性が高いのです。

 

ライターが、直接WordPressに入稿する」という案件も増えており、使い方を覚えると仕事の幅も広がります。

 

ロリポップなら、低価格で簡単にWordPressを始められます!

 

ブログ記事が実績になる

未経験のライターは実績がないために、仕事がもらえないことがよくあります。しかしブログの記事を実績として見せれば、評価される可能性は一気に上がるでしょう。

どれほどの文章力があり、どんな分野が得意なのか? それを示すために、ブログを活用するのです。

 

しかし日記のような内容では、ライターの実績に向きません。読み手が必要としている文章を心がけましょう。

 

まとめ

ライター未経験の人が在宅ワークで収入を得るには、まずは実績を作ることが重要です。そこから得意分野を見つけて特化すれば、さらなるステップアップとなるでしょう。

 

この記事を実践して、在宅ワークでのライターとしての一歩を踏み出してみてくださいね!

-ライター, 在宅ワーク
-, , , , ,

© 2021 モフふわ